<< 偽妊娠が始まった MAIN 奇蹟的な出会い! >>
削除されたHomePageを見たい




(過去URLの検索を archive.org から行う)


削除された情報の追跡を少し試してみた。きっかけは、先日10日に報道された尼崎市、殺処分事件の当事者「尼崎ケンネル」のホームページがすでに閉鎖されており、知りたい情報が充分に得られなかったためである(以下のURL⇒マークフィールドと表記されていることがわかる⇒これが犬舎名であることは後ほどわかった)。

http://e-markfield.com/


それでも少し遡って、現在に至る経緯も知りたいと思ったので、「タイムマシン」を使うことにした。。。当事者は報道直後の反響から、すでにホームページを閉鎖するだけではなく、過去ログにもアクセス出来なくしているように見えるが、、、インターネットは、そんなに甘いものではないことを、ご存知だろうか(笑)。


ともかく先にgoogleなどの検索サイトから「尼崎ケンネル⇒マークフィールド」の現在のURLさえ知ることができれば、今度は過去ログ検索のサイトから、収集保存された「過去のアーカイブ」へのアクセスが可能だ。幾つかのサイトがこうした機能を開放しているが、以下のサイトが一番有名だろう(冒頭の写真)。

http://www.archive.org/index.php


この画面からURL欄に、http://e-markfield.com/ の情報を入れて、[Take me back]ボタンを押すと(保存された150 billion pagesの中から)、例えば2002年末当時のデータ(マークフィールド犬舎の最も古いURL情報)にもアクセスすることができる。例えば以下のように。




(ただし下記1番目のindex.htmlについては、著しくサーバのレスポンスが悪く画像表示には時間がかかるので注意!⇒そこそこの機能をもったPC以外からは、アクセスしない方が無難である)

http://web.archive.org/web/20021208192836/e-markfield.com/index.html


http://web.archive.org/web/20021017070650/e-markfield.com/kennel.html


マークフィールド犬舎 ショールーム「尼崎ケンネル」
〒661-0967 兵庫県尼崎市浜2丁目1-22
TEL:(06)6499-7067


ここから始めて現在までを辿ることで、この業者の変遷を知ることが可能だ。上記からも「尼崎ケンネル」が2002年当時から、マークフィールド犬舎のショウルームだったことがわかる。

「イングリッシュコッカー自家繁殖のトップブランド」と名乗り、「イングリッシュコッカーではトップオブブリード賞を3年間連続受賞!」と、誇らしげに表示している。2002年に登録された直後は、経営者も「青雲の志」に燃えていた時期であったのかもしれない。それはちょうど、我が家が小雪丸の2頭飼育を始めた時期とも一致するので、あれから経過した歳月の重みも、ことさらよくわかるような気がする。


こうしていったん、尼崎ケンネルとマークフィールド犬舎の関係を知ると、あとは、このキーワードや過去ログからも様々な関連情報を辿っていくことが可能だ。再びgoogle検索に戻して、過去ログから得られたキーワードを入れてみればよい。二次的な情報は(たぶん)まだあまり削除はされていないから、紐付けられたサイトを逆に辿ることによっても、関連情報を今でも知ることができるはずだ。


そして真相はまだ極めて曖昧ながら、トップブリーダを仮にも標榜する立場ならば、その誇りはどこに忘れてきたものかと思う。すでに「マークフィールド犬舎」で検索してみると、以下のブログなどでも、すでにこうした一連の事件に対し、マークフィールド犬舎・不買宣言も表示され始めている。

http://toppyhappy.blog12.fc2.com/blog-entry-110.html


ともあれ、マークフィールド犬舎も、過去ログの呪縛からは逃れようもなく、こうして、今後何年でも(収集情報のDBから消し去られるまでは)、今回のように参照され続けるわけだ。言い換えれば、へたなことはブログにも書かぬ方が賢明だという警告にもなる(笑)。自らの削除によってもなお、消し去ることの出来ない情報というものがあるから、いったん流されてしまったインターネットの情報は、こうして、いつまでも一人歩きを続ける。。。

 



閑話休題 | 12:36 | comments(5) | trackbacks(0)
コメント
ブログランキングからやって来ました^^。初めまして。紀州犬ですか!
うちは,柴です。うちのは,3歳の時に,避妊をしてしまいましたけど(偽妊娠を何度も繰り返すのと,偶発交尾を避ける為に思い切ってしてしまったんですよ。)。

場所が広ければ,隔離して私も紀州を飼いたいなと思うんですけど,残念ながら果たせぬ夢です。犬本来の良さは,避妊をしてあっても楽しめますよ。この種類の。尼崎の繁殖者の件については,私も最近知りました。なんじゃらほい?ありゃ?って感じです。
from: yamano | 2009/12/21 3:51 PM
コメントありがとうごさいます。ランキングから来られたのですか(笑)
私自身、あちらで設定したカテゴリーを忘れていましたが、動物愛護でしたっけね?犬以外では。尼崎のこともご存知のようなので、そう思いましたが、ブログを拝見すると、猫の保護活動もなさっているんですね。
地域猫を保護していくような試みも次第に浸透してきたように思いますが、まだまだ課題山積みでしょう。大変だと思います。

去勢避妊をしないのは、いわば我が家のポリシーですが、それを他人様に押し付けるつもりは、毛頭ありません。雌雄2頭飼育ですから、むろん室内でも偶発交配のリスクはないとは言えませんが、そうしたコントロールには細心の注意を払って来ました。大変ですが、主義を貫くことが、犬たちへの愛情を、より強固なものにしてくれていると思っています(笑)。

犬や猫に対する愛情表現には、人様々なスタイルがあってもいいと思っています。お互いの立場で、できる範囲を共有したいですね。
柴犬も私は大好きですよ(笑)。

from: snowy | 2009/12/21 8:05 PM
「偶発交配」って言葉,一般の人には中々分からない言葉です(笑)。本当。保護って言う程じゃないんですけど,若干,関わっているので。本当,最後迄,責任を果たすって事が大事なので。尼崎の繁殖者の件は,
半分,一般人にも責任がありますね。こう言う利益主義者が産まれてしまうのは,安易な需要があるからと言う事でもある。本当。本当,できる事をやって行きたい。
from: yamano | 2009/12/21 11:27 PM
出来ることをしていく、改めて、そんな気持ちにさせてくれる映画、
映画「犬と猫と人間と」を観てきた
と題して11/22の記事にしています。
私は犬目線なので、その中で、僅かしか触れていませんでしたが、映画の中では、地域猫の保護活動をずっと続けておられる、写真家の小西修さんご夫婦のことも紹介されていました。

もし、ご存知ないようでしたなら、是非ご覧になって下さい。
オフィシャルサイトへも、そこからリンクしていますし、小西氏の写真集へのリンクも、その先に登録されていたはずです。

尼崎のような事件は、確かに、不法なブリーディングを助長させるような利用者の存在にも、責任のいったんがあるのだと思います。

少なくとも、流行や安易な衝動だけで、犬猫を飼うようなことだけは、してはいけませんね。結局は個人の意識まで遡る問題だとは思いますが、私たち一人一人が、まず問題意識を持ち続けることが大切なのでしょうね。

from: snowy | 2009/12/22 2:09 AM
追伸

いま、そちら様のブログにコメントを書いて、送信しようとしたところ、コメント禁止と表示されました。(笑)やむなく、ここに転載します。


たくさんの地域猫の保護、毎日お疲れ様です。携帯からですと閲覧に時間もかかるので、まだ全部を拝見できませんでしたが、猫猫猫と写真も拝見してきました。

カットのことを書かれていましたが、私も愛犬の散歩をしながら、これは野良なのか、飼い猫なのか、はたまた地域猫なのか、一見しただけでは区別がつかないと思っていました。

東京都の条例では、すでに飼い猫を、放し飼にしてはいけないと定められているはずなのに、犬と違って、まだほとんど守られてはいません。
飼い主さんは心配じゃないのか?と思うのは、私がいつも「犬目線」だからかもしれませんが、保護活動をされる方にとっても、難しい存在でしょうね。
中には未去勢の家猫もいるかもしれませんし、なかなか活動の主旨を理解している人を増やすことも、ままならないのではないかと思います。

私もかつて、公園を犬たちと散歩中、捨てられた子猫にずっとついて来られて、そのまま歩くと、その猫が車道まで来てしまい、危険なので困り、ジョギング中の方に協力を頼んだことがあります。遠くの箱にはまだ二匹の別の子猫もいました。
私自身も二頭引きなので、両手塞がりの上、近寄ろうにも、犬たちは襲ってしまいそうですから、手が出せなかったのです(笑)。

この時の顛末、いつかブログに書いてみようかと思いましたが、愛犬テーマのブログなので、いつになりますことか(笑)。

少しでも不幸な命が救われますように。私はどうしても、犬目線ですが、猫たちの気持ち?も、わからないわけではありません(笑)。どうか、ご健勝を。

from: snowy | 2009/12/22 3:10 AM
コメントする








トラックバックURL :
トラックバック
COMMENTS
CALENDAR
<< March 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
PROFILE
SEARCH BOX

kishudog on Twitter
Follow kishudog on Twitter
小雪丸の本棚