<< Ameba不正アクセス事件と新ウィルス「ガンブラー」 MAIN Ameba提供のブログパーツからウィルス感染(02版) >>
アンビリーバボな実話?(命を紡ぐ東西物語)



(「犬と猫の輸血」長谷川篤彦監訳、Teton 最新獣医臨床シリーズ、在庫切れのようだが)


これから書くことは、私が今朝たまたま知った一つの事実から、「またしても連想?」を働かせて組み立てた「もしかすると架空?の物語」である(笑)。過去の事実ばかりを、忠実に書き留めるだけがブログではない。たまには「先走った予感」に動かされて、一本の記事を書いてみるのも面白いと思った。
さて、この物語、情報元となる人物や犬は確かにこの世に存在しているのだが、それぞれが、遠く500キロの距離を隔てた東京と大阪を結ぶ話だ。どこまで事実と一致しているかは、後々の評価に委ねることとしよう(特に時系列については若干のこじつけもある)。


◎2009年末・東京にて

東京都内のペットサロン(仮にWLさんとする)に、お店で里親探しをしてもらいながら、じっと引取り手を待ち続けている1頭の犬がいた。山代犬という地犬で、無許可の不法ブリーダから救出されたそうだ。そして、つけられた名前も「山代ケン」と言うのだそうな。
彼は中大型犬とでも言おうか、体重はおよそ30キロほどなので結構重たい。顔つきはコワモテだが、とても気立ての良い犬だという話で大方の評価は一致している。
さて、2009年も押し迫った頃、このケンちゃんに「輸血犬」としての出張要請が舞い込んだという。難病の犬を救うために、大量の新鮮血がいるというのだ。
輸血のお相手は大切に育てられてきた純血種のワンちゃんだという。その命を保護犬であるケンちゃんが救うということ事態が、美談とも言えるが、実はこの話はこれだけでは終わらない。

輸血のためには事前の検査や、様々な準備が必要となるから、ケンちゃんの外泊は数日にも及んだ。けれども無事、施術も成功裏に終わって、難病のワンちゃんは救われ、やがてケンちゃんもお店に戻って来た。そして新年を迎えた今は、新しい里親さん候補の方の所で「お試し期間」を過ごしているのだという。


◎2009年末・大阪にて

さて、奇しくも山代ケンちゃんが、2009年末の数日間を外出していたちょうどその頃、遥か500キロも離れた大阪の病院(仮に関西動物HCとする)では、「血液の入れ替え」という循環器系の難治療に挑んでいる全く別の保護犬がいた。
このワンちゃんもまた保護犬だったが、2009年末に千葉県で保護され、遠く徳島から迎えに来てくれた里親さんに連れられ、これまた数百キロ以上を旅して徳島に渡った。
そして新たに「ウィッシュ」と名付けられたその犬は、2頭の先住犬と共に幸せな日々を過ごせるはずであったが。。。

ところが不幸にも、ウィッシュは循環器系の重い障害を抱えていた。そして徳島では治療できる病院もなく、一時は命さえ危ぶまれたという。
けれども新しい里親さんは、「決してあきらめることなく」、八方手を尽くして、そしてようやく治療の出来る病院を大阪に見つけた。「決してあきらめないこと」、それは森羅万象に通ずる真理だ。先に述べたWLさんのブログにも昨年末、よく似たことが書かれている。それは「ドバトに里親を見つける」という、多少異なる話ではあったが、「あきらめない」で、志す気持ちの強さには、やはり、どこか一脈通ずるものがあると思った。

話を再び徳島のウィッシュに戻すと、ともかく緊急に大阪のHCに入院し、血液を入れ替えるという難手術を受けて一命を取り止め、どうにか年内には術後の治療も終えて徳島に戻ることができた。そして無事新年を迎えているという。


◎どこかで交差する運命

さて2009年の年末、東京と大阪、遠く500キロの距離を隔てた全くの偶然。この「点と線」を紐解きながら、犬同士の輸血をめぐる「運命の符合」に気付いているのが、もし私だけだとしたなら、それはあまりにも寂しい(笑)。
血液を提供する1頭の保護犬が東京にいて、難病を輸血で救われる1頭の保護犬が大阪にもいた。いずれも2009年も暮れようとする冬空の下にあって、彼らの体内に流れるその血液の温かさを知れば、きっと人の心も、温められずにはいられまい。
 



一期一会 | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする








トラックバックURL :
トラックバック
COMMENTS
CALENDAR
<< October 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PROFILE
SEARCH BOX

kishudog on Twitter
Follow kishudog on Twitter
小雪丸の本棚