<< 桜満開の公園散歩 MAIN 正丸峠・大量遺棄事件の犯人逮捕 >>
紀州犬は桜によく似合う


(石神井川のほとり、満開の桜の下、右小ユキ・左ユキ丸)


おそらく今年、満開の桜が見られる最後の週末、今朝の散歩は城北公園にいったん出て、そのあとは、公園のはずれから、石神井川沿いの遊歩道に沿って、豊島園方面に向けて遡るコースを歩いた。この道は例年きれいな桜並木となる。

昼過ぎからはすっかり曇天となった日曜日だったが、幸い早朝はまだ晴天の光に恵まれる道行きとなった。ところどころで小雪丸の写真を撮る。毎年思うことだが、どうしてこれほどまでに「満開の桜と白い紀州はよく馴染むのだろう」と思う(笑)。

何より違和感というものが全くない。古来より民話にも登場する神の使いの白い犬、各地の伝承にも必ずと言ってよいほど白い犬は登場する。そして桜は日本を代表する花だ(国花は菊とも桜とも言われるが制定はない)。両者が似合わないはずはない。結論はいつもそこに行き着く。うーん、何と言う親ばかな見解だろうか。しかし何と思おうと、それは飼い主の勝手というものだ。この妄想?は、誰にも止められない(笑)。

今朝は、我が家で言うところの通称「Dコースの散歩」だった。城北公園の南西を抜けて、石神井川を遡り、豊島園付近まで遡上してから再びUターンして途中まで戻り、今度は北を目指して早宮という地区を抜けて帰る、およそ2時間半ほどの散歩コースを歩いた。(冒頭でも書いたなコレ、少しくどいかもしれない)(笑)

ということで、あとは説明を省略する。もっぱら写真と1行コメントだけの世界だ。唯一断るとするならば、たぶんメモリ容量の小さな携帯電話からでは、読み込みの途中でエラーを起こすかもしれない。少なくとも私自身の携帯アクセスがそうなっているから。。。




ここはまだ城北公園南西のはずれ、右手前がユキ丸。




上記と同じ場所。早くいこうと小ユキ(手前)が催促する。




冒頭の写真を撮ったときの失敗作2枚。一番良いものを編集して冒頭に使った。
黒猫ヤマトのノボリはもちろんカットしたわけです。右手前が小ユキ。




石神井川、途中の橋のたもとで。手前がユキ丸。車が来るので落ち着かない。




上記と同じ橋のたもとで、角度を変えて撮影しただけ。手前がユキ丸。




ずっと豊島園付近まで行って、途中でUターンして、しばらく歩いたところ。
縁台に立ち上がっているのが小ユキ。よくこういうポーズをとる。




上記と全く同じところで、撮影した失敗作の方。でも顔の表情が面白いのはこちらだった。




これも上記と同じ場所で、少し下がって撮影した全景。川にかかる満開の桜がきれいだ。


ということで、今回は「失敗作」も強引に掲載してしまうことにした。そのために携帯では画面を表示しきれないかもしれない。ややサイズオーバ気味なのを承知で掲載しているためだ。
最後になるが、あらためて「白い紀州は満開の桜に本当によく似合う犬だ」と思うのである。(笑)



小雪丸稿 | 15:41 | comments(3) | trackbacks(0)
コメント
きれいだあ〜〜〜〜〜〜〜。

雪たちも、うつくしい〜〜〜〜〜〜〜〜っ!


あ〜〜〜あ。

ため息・・・・・・。
from: yukino | 2010/04/04 5:45 PM
>yukino様

こちらにコメントいただくのは珍しいことです(笑)

ありがとうございました。満開の桜も東京は、今週でおしまいでしょう。来週は北上して、そちらまで上るでしょうか?

今度は秋田と桜の写真が見られますね(笑)
楽しみにしています。

from: snowy | 2010/04/04 8:00 PM
いいえ〜〜。此処の桜は月末ですぅ〜〜
from: yukino | 2010/04/04 10:20 PM
コメントする








トラックバックURL :
トラックバック
COMMENTS
CALENDAR
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
PROFILE
SEARCH BOX

kishudog on Twitter
Follow kishudog on Twitter
小雪丸の本棚