<< 犬に選ばれし者 MAIN ワクチン接種の日 >>
飼い主急逝で残された紀州2頭



●ご報告●
本件、引取先が内定しましたので、募集を凍結します。
最初に問い合わせがあった方が2頭を迎えてくださる方向で調整中とのことです。ご心配いただきました皆様、ありがとうごさいました。
-----------------------------


このタイトルで書いた紀州犬2頭の引き取り手をいま緊急で探している。昨夜Amebaやmixiの何箇所かに以下のような記事が流れた。目的は、飼い主さんが急逝し、2頭の紀州犬だけが残され、引き取り手が今月末までに見つからなければ処分されるという話を伝えるためだ。


私は先にAmebaのブログで見てTwitterに情報を流し、最後にmixiにある「紀州犬コミュニティ」にもAmebaの内容を転載した。
ところが今夜になって再びmixiを確認していた際、訪問者の履歴から、殆ど同時刻にmixiの日記においても、全く同じ情報ソースが書かれていたことを知った。時刻からするとむしろmixiのほうが若干早い。
この両者は全く別のルートから、Amebaは伝聞、mixiは友人のメール経由で、今回の記事を書いていることもわかった。


ご承知のとおり、mixiは閉鎖コミュニティだから外部からは見えない。そこで私自身は、登録者が1000人を超す「紀州犬コミュニティ」に登録したのだったが、この時点ではすでに日記に書かれた方がいるのは知らなかった。


とりあえず私が転載したルートは、Ameba>Twitter(自動転送でAmebaなう及びmixiVoice)>mixi「紀州犬コミュニティのトピック」の順であった。
そして一日経過した今、紀州・小雪丸日記(本宅と別荘)にも、この記事を落とそうとしている。


知る限りの最新情報を言うなら、現在、Ameba/mixi/Twitterの別ルートで、数名の問合せは出ている。ただし、実現に至るかどうかは現地との調整待ちという状況である。それで念のために、この場においても記事を残しておくことにした。


以下の内容を見て、近隣に可能な方がいないかを確認していただければ幸いである。ちなみに現在保護されているのは東京都内だ。問合せは直接、下記のリンクより行ってもらってもよいし、私宛でも構わない。オリジナル情報はmixiのほうが詳細に書かれているようだが、現在、すでに交渉に入っているのは、やはりオープンなAmebaブログ記載者による紹介ルートのようだ。


●Amebaブログより転載
2010年05月18日(火) 21時23分41秒
【SOS】新家族募集&預かり様募集
---------------------------
飼い主様が急死され近所の方からのSOSです。
今月いっぱいで保健所行きになってしまいます。
紀州犬
2歳 メス(2匹)
性格は◎だそうです。
他のワンとも問題ない!
どうかこの子達の新しい家族になっていただけないでしょうか?
---------------------------
http://ameblo.jp/maro116/entry-10538437096.html



●mixi日記より転載(mixi登録者限定)
2010年05月18日 20:53
紀州犬 と暮らしませんか
---------------------------
知人の知り合いの方が、急に亡くなり犬が2匹のこされました。
58歳の男性の方でお病気だったそうですが、4月の中旬に急に入院され、
5月の初旬に亡くなられたそうです。
ご家族はどなたもいらっしゃらないそうです。
紀州犬 (天然記念物に指定されているそうです)
メス
2歳
人になれているそうです
気立ては穏やかです
白色
この犬が2匹いるそうです。
本日掲示がされ、今週中に処分されるかもしれないそうです。
現在はお知り合いの方が毎日お世話をされているそうです。
掲示されているものを携帯で写真とりましたので、不鮮明かと思います。
直接見てみたい方は下記にご連絡ください。
1匹でもよいかと思います。
連絡先(犬のお世話をしている方):山内さん
                090−○○○−○○○○
ご縁がある方がいたら嬉しいです!!!!
よろしくご検討お願いします。
---------------------------
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1490749383&owner_id=57039



引用掲載した写真は、どうやら、急逝した飼い主さんのご近所の方が、2頭の紀州を撮影し、それをもとに掲示ポスターを設置した模様で、そのポスターをまた携帯カメラで撮影したものが使われている。それを再度私が再編集してここに掲載した。したがって画像は曲がりなりにも良いものとは言えない。


しかし、端正な顔立ちの2頭の紀州の様子は見てとれるだろう。特に左下の写真は、自らの置かれた状況にも関わらず、あどけなくじゃれ付く紀州の表情に心打たれる。


現在、何件かの問合せは、公開一日にして、すでに発生はしている。けれども余談は許されない状況下にあることは確かだ。私個人としては、家族全員の合意を得て、温かい家庭に、分け隔てられることなく、この2頭が揃って引き取られ、まだ2歳というこれからの前途を、改めて保証されることを、切に願っている。どうかこの2頭に良い出会いを。そして急逝された飼い主の方のためにも、どうか朗報を天に届けてあげたい。



一期一会 | 04:16 | comments(3) | trackbacks(0)
コメント
非公式に本件の里親さんが決まったようだとの情報をつかみました。
それが事実なら、この記事は無駄になったことになります。
でも無駄になって嬉しいというのは普段あまり体験できない不思議な感覚です。
そして私の予想するご家庭であったなら、なお嬉しい。
from: snowy | 2010/05/20 5:46 AM
こんにちは!

リンク先の里親募集記事、見ました。コメント欄だけでも複数の方が興味を示されていましたね。

しかるべきところに情報を掲載すれば、手を挙げてくださる方は現れるんですね!
今後このようなことがあれば、私も転載して協力しようと思います。
from: kei | 2010/05/21 12:26 AM
>keiさん

ありがとうございます。
一人でも多くの方の目にとまることが大切なのだと、
私も思いました。
今回は、mixiの「紀州犬コミュニティ」への投稿が、
最も効果があったようです。1200ほどの登録者を
もつ、紀州としては大きなコミュニティでした。
純血種の場合は、こうしたコミュニティや、あるいは
単犬種保護団体(ブリード・レスキュー)などへの
投稿も効果がありそうですね。
命の尊さに、純血種も雑種もないと思うのですが、
現実と理想の狭間で、また別の問題を思ったりも
します。
ともかく、里親様が見つかって本当によかったです。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。
from: snowy | 2010/05/21 1:35 AM
コメントする








トラックバックURL :
トラックバック
COMMENTS
CALENDAR
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
PROFILE
SEARCH BOX

kishudog on Twitter
Follow kishudog on Twitter
小雪丸の本棚