<< 信州旅行記・総集編 MAIN 小雪丸と私の3000日 >>
失踪犬チャーコの足跡

  

(保護されて飼い主さんの元に帰ったチャーコ)


先月7/7に東京は世田谷区用賀で失踪した紀州mixのチャーコ。その45日間にわたる捜索が去る8/20にようやく終結した。それも無事保護という嬉しい結果となって。。。捜索に尽力された皆様、本当にお疲れ様でした。今回の失踪〜捜査〜発見に至る詳細は以下のブログに書かれている。

犬の幸せって??
http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/

ワンダーランド★スタッフブログ
http://wanwanderland.blog22.fc2.com/


そして、結果良しとなった今回の失踪の顛末記を、及ばずながら私自身も書き残そうと思った。けれども報告記事はすでに、多数のブログにも紹介されていることから、小雪丸日記では少し別の視点から、今回の失踪事件を振り返ってみたい。それはチャーコが辿った「足跡」についてである。


今回の失踪でチャーコがどのように移動して行ったのかが、私はとても気になっていたので、これまで公開された目撃情報をすべて地図上にプロットしてみた。そして、そこから時系列的には、ありえないと思われるものを除き、色分けをしてみたのである。


図中で緑色で示した部分がその除外された目撃情報を示している。結果論ではあるが誤認または「全く別の犬」が、もう1頭、同時期に彷徨っていたのかもしれない。その情報は出発点となった世田谷区用賀より北西に集中している(図の外側に当たるものは省略した)。




(寄せられた目撃情報をプロットしてみた。赤が有意なもの、緑がそれ以外)


残されたプロットが、今回チャーコが彷徨ったコースを示しているはずだと思う。そのプロットを赤色で示し、日数の順に応じて線で結んでみた。そして、以下にあくまで想像だがチャーコの歩いた道筋を示し、有意だった情報の地名と日時を追ってみたい。


7/7に失踪したチャーコが間違いなく通過したのは、7/26の目黒区自由が丘と7/31の目黒区武蔵小山のようだ。失踪直後のチャーコはたぶん、そのまま南東に向かい、およそ20日間をかけて世田谷区内を彷徨い、7/26に自由が丘で目撃されたあとは、目黒通りの西側を北東に向かった。


目黒通りは危険だが、それと平行して北に向かう東急東横線の沿線は、住宅街なので比較的静かな道ばかりだ(私は目黒区生まれなのでそれがわかる)。自由が丘の目撃が7/26で、目黒区(中町)の目撃が翌7/27となっているのは、それまでの移動期間から見て、そこだけ1日たらずで走破していることになり、特別に短いと思われるが、この間はわずか2駅半ほどの距離。人間が散歩がてらに歩いても1時間かかる距離ではない(何かの理由で追われて走ったかもしれない)。


その後チャーコは再び東南に向かい、森試の森公園付近を通過して、4日間ほどで、7/31に武蔵小山で目撃されている。おそらくその後は20日間ほど品川区内を彷徨いながら東進し、港区に入ったところで(8/19に?)保護されたのだろう。港区といっても品川区との境界付近だったのではないか?正確な場所までは私も聞いていないので、知るところではないが、五反田付近だったのだろうか。


今回のチャーコの失踪記録は、もしも都会で愛犬が失踪したときの一つのケースとして、およそ一ヶ月半(45日ほど)で、どれほどの距離を移動するものか?という疑問にも有意義な答えを与えるものだと思った。すべての失踪犬に関して、発見されたときは、このようなデータが添えられるならば、今後捜索する範囲の目処をつけるためにも有益だろう。


チャーコはとても臆病な犬だったから、普通の犬よりは移動範囲も小さかったのではないか。45日間の長期とはいえ、おそらく昼間は物陰に潜み、夜間だけで移動していたのかもしれない。この酷暑の夏にあって、それは臆病さが幸いした幸運な選択だったとも言えそうである。




(関係者の方々が隣接地域に配付するために作ったポスター)


今回の例で振り返ると、失踪中の45日間でチャーコが移動した距離は、始点〜終点までを結ぶと約10kmである。つまり臆病な犬ならば45日を経過しても「半径10キロ圏内にいる」ことになる。探す範囲の目安もその程度でよいのかもしれない。しかし活発な犬ならもっと動くだろう。それはある意味で危険も増すが、発見も容易となる。さてどちらが良かったのか。。。


私には今回の保護を知って、チャーコの臆病さが身を救ったのではないかと感じている。直線で10kmを移動する間に、果たしてチャーコは、自らの足で何キロを歩いたのだろうか?保護時に体重がそれほど変化していなかったのであれば、迷走の距離を見積もっても、せいぜい倍の20km程度であったのかもしれない。


目撃情報のプロットをあらためて見ても、自由が丘直後の移動以外では、いずれも数キロほどの距離を20日近くかけて移動しているようだ。夜間の2〜3時間ずつが日課となっていたのかもしれない。


さて、およその経路はわかったものの、私にはまだチャーコに聞いてみたいことが一つだけ残っている。それは、この45日間の食餌をどうしていたかである(水は側溝の水などを飲んだのだろうか。多少雨の多い時期もあったことが幸いしたものか?)。元気に保護されたことから見ても、幸い危険なものは口にしなかったようだ。しかし炎天下のもと、腐敗したものも口にしたかもしれない。それでも大丈夫だったとすれば、やはりチャーコには「板橋の犬たち」の加護があったものかと思いたくもなる。不幸にして失われた(同胞の)犬たちが、守ってくれたものと信じたい気持だ。

生還おめでとう>チャーコ!!



一期一会 | 17:52 | comments(5) | trackbacks(0)
コメント
初めまして。mixiで迷子のチャーコちゃんのことを知りました。
無事に見つかって本当に良かったです。
実は、「犬の幸せって??」のブログ、埼玉県飯能市の事件のときに知り、先ほど覗いてたまたまこちらへお邪魔したらこちらのブログもその事件のときに拝見していたことを思い出しました。

実は、うちの実家(埼玉)で飼っている愛犬も、6/29から行方不明で未だに見つかっていないんです。
有力な目撃情報もなく、どこをどう彷徨っているのか全く検討がつかなくて・・・
チャーコちゃん失踪の軌跡(地図)がとても参考になったのでコメントさせていただきました。
わたしもチャーコちゃんに聞いてみたいです。飲み水、食べ物はどうしていたのか、と。うちの子も、もとは山梨の犬捨て山から保護された子で、お顔の表情というのでしょうか、なんとなくチャーコちゃんに似ているかも知れません。性格も臆病です。

長くなってしまってすみません。
ご迷惑でしたらコメント削除してくださいね。
from: ピナ | 2010/08/22 11:45 PM
お世話になっております。
地図に記すと、こういうなるのですか。凄いですね。
私も、チャ−コのお陰で世田谷区近辺の道、しっかり覚えました。^^;

沢山の方に、ご協力頂き、本当に有り難い思いでした。
無事に帰ってくれてよかった。
チャ−コは、フジが守ってくれたのかもしれませんね。

本当に有り難うございます。
from: iino | 2010/08/22 11:48 PM
>ピナ様

ご心配ですね。いまブログも拝見してきましたが、どことなくチャーコにも似ていますね。山梨の犬捨て山から迎えられたとき3歳と書かれていましたが推定では何歳くらいなのでしょう。臆病で(チャーコと)ほぼ同じ時期の失踪ですから、まだ希望があると思いました。微力ながらTwitterで流しておきます。http://twitter.com/kishudog

140文字制限があるので、以下のように。

拡散希望の失踪犬>2010年6月29日、雷に怯えて埼玉県越谷市の庭から飛び出し行方不明。名前はタロ、薄茶短毛(顔と手足の先が白い)中型犬mix、黄色首輪着用。詳細はこちら、http://blogs.yahoo.co.jp/pina_3523mame

無事見つかって、再会できることを祈念しております。

from: snowy | 2010/08/23 4:45 AM
>iino様

目撃情報を地図上に拾い出してみて、移動の跡を辿るというのも、チャーコのように最後に保護された場所がわかると、およそ可能ですが、その保護地点がわからなければ、誤認情報も多数あって、なかなか難しいものだと思いました。

今回のケースでも沢山の目撃情報が、地図上の北西(画面左上方向)の圏外にも多数ありましたが、それを全部見ていると、どちらの方向に向かったかを判別することは無理だと思いました。別の犬もさまよっていたのかもしれませんね。

酷暑のこの夏、世田谷周辺を自ら捜索なさって、本当にお疲れ様でした。その思いが通じたのだと思いました。報われて本当によかったです。

from: snowy | 2010/08/23 4:47 AM
●追加訂正:

いまブログ「犬の幸せって?」の記事を確認したところ、チャ−コは「港区自然教育園」で保護されたと書かれていた。
住所は、東京都港区白金台(しろかねだい)5丁目となっている。足跡の地図では五反田付近をさしておいたが、白金台ならばもう少し北だったことになる。念のため補足しておきたい。
from: snowy | 2010/08/24 2:16 AM
コメントする








トラックバックURL :
トラックバック
COMMENTS
CALENDAR
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
PROFILE
SEARCH BOX

kishudog on Twitter
Follow kishudog on Twitter
小雪丸の本棚