<< しばらく休みます MAIN 小ユキの誕生日/モデル商品公開/板橋の仔犬たち >>
小雪丸ドッグフードのモデルになる(2)



(C)Toshihiko Igawa(以下全て同様)左が小ユキ


昨年末10/28に「小雪丸ドッグフードのモデルになる」と題して記事を書いたのだが、ご記憶だろうか。
http://dog.kishu.us/?eid=297
Twitter経由で、小雪丸日記のことを見てくださった動物カメラマンの「ιさん:井川さん」から、ペットフードメーカー「ε社:イースター社」による新商品のパッケージ写真に小雪丸の撮影を、と思いがけない依頼メールを頂戴して、実現に至ったときの出来事を書いたものだ。


あれからだいぶ時間も経過したが、先日、カメラマンの井川さんから、当日撮影された写真をカラープリントしたものが郵送されてきた。ちゃんと背景スクリーン色の青もきれいに編集されて、落ち着いたグレーを背景として、小雪丸が綺麗に写っているものばかり10数枚、いずれも素人の私には撮れない、とても良い表情をしている。さすがプロの写真家さんの仕事だと思った(笑)。






高速スキャン時は4枚ずつ並べて読み込んだ´


パッケージデザインされた商品の発売は、聞けば当初より遅れるようで、まだだいぶ先の話だということのようだ。いずれにしても春までには、小雪丸(モデル:小ユキ)の笑顔が描かれたドッグフードが店頭に並ぶだろう。今回の写真もそうだが、親馬鹿な飼い主としては、やはり諸手を挙げて嬉しい(笑)。


そして、せっかくの機会であるから、今回、郵送いただいた写真の中から、10枚ほどをスキャンして、ここ小雪丸日記にも掲載しておくことにした。写真の版権(著作権)は撮影者の井川さんにあるので、ご本人にもTwitter経由でお断りもして、このブログに関してのみ使用させていただくことにしたいが、以下の関連情報を念のため今回は併記しておくことにする。


.メラマン:Twitter井川俊彦氏アカウント:@Toshihiko_Igawa
http://twitter.com/Toshihiko_Igawa
▲ぁ璽好拭室辧Twitter公式アカウント:@yeaster_JP
http://twitter.com/yeaster_JP
※今回掲載の写真は全て 憤貮△砲癲砲鉾埜△あります。




モデル犬・小ユキのスナップ(以下4枚も同様)









なお、念のためお断りしておくが、写真家:井川さんの手による撮影はとても綺麗なものだ。一方で、ここに掲載した写真は、全て原紙のカラープリントから、私自身の手による高速スキャンを先週末に行ったものだ。写真品質に不備があるのは全て「●私の処理が杜撰だった故の結果」であると理解されたい(笑)。


なぜこのようなことを書くかと言うと、それについては私自身の個人的な事情がある。実は現在、自宅のスキャナが古く、新システムではすぐに使えなかったこともあって、当該のカラープリントをポケットに持参し、会社の複合機でスキャンしたのだったが、いかんせん個人的な作業でもあるので、業務の合間に「さり気なく」一瞬で済ませた(笑)。


そこまでは良かったのだが、執務中でもあるので、スキャンしたデータは内容確認もせず、そのままUSBメモリに保存して持ち帰った。さて自宅で復元してみて驚いたのだが、どうやらスキャン時のモードが、標準設定では「モノクロのTFF形式」になっていたらしく、せっかくの綺麗なカラーも全て地味なモノトーンになってしまった。⇒井川さんゴメンナサイ!




サポート犬・ユキ丸のスナップ(以下4枚も同様)









そこでカラーモードでの再スキャンも考えたのだったが、そうなるとまた週明けに同じことをリトライしなくてはならない。私は真面目だから(笑)あまり公私混同もしたくないのである。そこで、今回だけは「雰囲気をお伝えできれば良い」と考え直すことにした。そのようなわけで実際の井川さんの作品からは、かなり見劣りする掲載となってしまったことをお詫びしておきたい。


いずれにせよ、今回のお話は、直接このブログではなく、発端はTwitterによる「つぶやき」から派生したケースだった。ご参考まで上記,砲眛以カメラマン・井川さんのTwitterアカウントをリンクさせていただいている。また井川さんを通じて、今回の商品開発に関わるイースター社のTwitter公式アカウントについても、上記△砲款匆陲靴討△襦まだ開始から日数も経過していないので、実は私も先日フォローさせていただいたばかりだ。(私のTwitterへは、このブログのリンクから飛べる)




(C)Toshihiko Igawa(以上全て同様)右がユキ丸


ともあれ小雪丸がご縁で、有意義な情報にアクセスできるようになったことを、今回は素直に嬉しく感じている。そして一方では、小雪丸に関して本当に素直に、良い思い出が増えたことを喜ばしく思う次第だ。

 

●Blog活動再開に関して


さて年頭に活動一時停止を宣言してから、ほぼ半月が経過したことになる。一部の方々には、短期間とはいえ、突然の停止でもあったことから、ご心配をおかけしてしまったようで、大変申し訳なく思っている。こうしたとき、結局のところ、復活は本人自身の意思に委ねられるものとはいえ、暖かいダイレクトメッセージもいただき、誠に感謝に耐えない。


人生には(きっと誰にも)様々な紆余曲折がある。ブログ更新は、そうした実生活の安定があって始めて可能なものだと、この機会に改めて申し上げておきたい。いずれにせよ、来週から少しずつではあるが、従来のペースに戻していく予定で、その前哨として今回の記事もアップしておくことに決めたものだ。


そのような状態で、まだあまりマメなコメントは残せないかもしれませんが、皆様のブログはすでに毎日楽しみに拝見しております。完全復帰までには(諸般の事情に鑑み)いましばらくのご猶予をいただきたいと思いますが、週明けより徐々に、また私のコメントにもお付き合いください(笑)。




2011/01/22早朝:城北公園にて


終わりに、以下のスナップは1/22(土)早朝の小雪丸である。小ユキは目下のところ換毛期のピークで、厳寒にも関わらず非常に寒そうな毛並みをしている。現時点ではモデル業も難しい(笑)。ユキ丸は素直に冬毛の状態である。雌雄のこうした変化は、必ずしも季節変化に従うものではないところが悩ましい。。。





2011/01/22早朝:城北公園にて


また最後になるが、今回の新商品発売元となるイースター社の既存商品の外観を撮影しておいた。実は全くの偶然ではあるが、この「柴犬専用」フードは、数年前から我が家における小雪丸のメインフードとして常用してきたものだ。その点からも今回の話には「不思議なご縁」を感じている。




我が家のメインフード「7歳からの柴専用」


このようなイメージで、間もなく小雪丸バージョンも商品化されるようです。そのときは是非また、報告記事を書かせていただきたいと思っています。
参考:イースター株式会社URL⇒ http://www.yeaster.co.jp/
(昭和39年設立の歴史ある会社、創業は魚用飼料で設立とある)

 



小雪丸稿 | 04:33 | - | trackbacks(0)
トラックバックURL :
トラックバック
COMMENTS
CALENDAR
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
PROFILE
SEARCH BOX

kishudog on Twitter
Follow kishudog on Twitter
小雪丸の本棚