<< 小雪丸ドッグフードのモデルになる(2) MAIN 2011年初の光が丘公園/野鳥の巣箱交換 >>
小ユキの誕生日/モデル商品公開/板橋の仔犬たち



(写真家 井川氏提供の写真を携帯カメラ撮影 左ユキ丸/右小ユキ)



▼小ユキ9歳の誕生日を迎える


早朝、Twitterのみで流したが、今日(今となっては昨日)2/1が小ユキ9歳の誕生日であることを、まだこの小雪丸日記には書いていなかった。このまま今日という日を超えるのは誠に不本意なことだ。それで何がなんでも更新しておくことにしたい(結局零時を過ぎてしまったのだが)。


当然ながら、今日2/1というメモリアル・デーのことについては、昨年、2010/2/1時点で、このブログにも書き残している。一年経過した今となっては、昨年の記事を覚えておられる方もあるまい。最大の手抜きは「昨年をコピーすること」であるから、一瞬その誘惑にも負けそうになった(笑)。


しかし最愛の小ユキに対して、それでは、あまりにも申し訳が立たない。昨年の記事は以下を参照いただくとして、今夜はやはり、改めてこの2/1という日を振り返っておきたい。そして幸いなことに新しい報告もすることができる(さて何かな?)(笑)

●参照:小ユキの誕生日に思うこと (2010/02/01)
 http://dog.kishu.us/?eid=161





(写真家 井川氏提供の写真を携帯カメラ撮影したため画質が悪い)


今日で小ユキは9歳を迎えた。人間で言えば「50歳のおばさん」に相当する年齢となったわけだ。しかし昨今の小ユキは一時に増して「引きが強くなった」ことを報告しておかなければなるまい。新年を迎えて偽妊娠を抜け出した頃から、この引きの強さが目立つようになった。加えて執拗に「ユキ丸に絡む」のである。


この変化を私は一部、偽妊娠明けの反動と解釈しているのだが、それにしても激しい。躁鬱という見方を借りるならば、躁状態が続いているのである。当然のことながら本来の狩猟本能もとても強い。散歩中にノラ猫などを見ようものなら、牡のユキ丸以上に強い力で引く。あの細身の身体に、これだけのバネと力が秘められているのかと思うほどだ。



(2011/01/29 早朝散歩後に駐車場で遊ぶ)


これが野生の母犬ならば、授乳を終え、今度は仔犬を巣に残して獲物を狩りに出かける状態になっているということなのかもしれない。そう私自身は考えている。ユキ丸の引きも普段より若干強いが、今の小ユキほどではない。


いずれにしても、現在の小ユキは9歳とは無縁の元気な散歩を続けている。そのことが私にとっては何よりも嬉しい。小ユキはこの真冬にほぼ換毛期の前半を終えて、いま最も体毛の薄い時期を迎えている。これから新しい毛が芽吹いてくる直前で、桜の咲く頃には、また再び美しい写真を桜の下で撮影できそうである。一方のユキ丸は少し毛艶が落ちてきているので、そろそろ季節に従った換毛期を迎えそうだ。


現在、ユキ丸は食欲を少し落としているので、それだけが多少気がかりだが、総じて2頭とも元気に冬を過ごしている。そして相方のユキ丸もまた、来月3/5には小ユキと同じ9歳の誕生日を迎える。揃って元気な9歳を迎えてくれることが今の私にとっては、何にも代えがたい至福だ。


さて昨年も同じことを書いたが、今年も最後に書き足しておこう。小ユキは群馬県新田の生まれ。同胎子7頭(牡5頭/牝2頭)の中で(たぶん)唯一の「白い牝」だったのだろう。なぜそう思うかというと、小ユキの父犬は白だが、母犬は胡麻(有色紀州犬)だと記されているためだ。最も生じそうな確率を考えると、そうした結論に自ずと導かれる。




(先週末の早朝散歩にて、城北公園ノーリード広場の小雪丸)


2月厳寒の中でも、早咲きの白い梅の花は綻ぶ。年によっても多少の遅れはあるが、梅の開花は早い。おそらく小ユキが生まれた当時、群馬の里にも、白い梅の花が咲いていたことだろう。小ユキの登録名は「白梅号」というのだ。先代犬のユキにちなんだ「小ユキ」という名前はむろん必定なのだが、私はこの登録名も、とても気に入っている。寒風に凛として咲く白梅そのままであると(笑)。実は私の地元でも白梅の咲く公園がある。近々その場所も改めて訪ねてみたいと思いながら、今日、小ユキの誕生日を静かに過ごしている。

 


▼最新の小雪丸モデル情報(笑)


先日も書いた小雪丸モデルのドッグフード(イースター社の新商品)が、どうやら本日からアナウンス解禁の模様で、今朝、イースター社のTwitter公式アカウントによる情報が流され始めた。以下に内容を転載させて頂くことで報告に変えたい(@yeaster_JPがイースター社の公式アカウント)。


@yeaster_JP イースターでは春の新商品成犬用総合栄養食「日本犬 白のチカラ」「日本犬 黒のチカラ」、成猫用総合栄養食「バイタルケア」4種類のモニター様を大募集中!ウェブ会員登録→ログイン→モニター募集で簡単申し込み。ぜひぜひお試し下さい!!!かなりの自信作です。〆切2/7まで。お早めに。

@yeaster_JP モニターの詳しい内容はブログをご覧ください!!(*´∀`*) RT @yeaster_JP: モニター大募集! http://bit.ly/fBpxyd


Twitterでは短縮URLという機能によってURLアドレスが短く変更されるが、 http://bit.ly/fBpxyd というのが「新商品モニター応募先のアドレス」。そして、春の新商品成犬用総合栄養食「●日本犬 白のチカラ」というのが、小ユキモデルのパッケージ商品となる!これまでは伝聞で「日本犬・白」とだけ聞かされてきた商品がこれです(笑)。本夕の最新ツイートでは新製品の写真も紹介されていました。左の白い商品の写真が小ユキです。


@yeaster_JP 新商品が続々と(*´∀`*)完成するとやっぱり嬉しい!!! http://bit.ly/dI9PP7




(Twiterで公開された新商品ラインアップ)


店頭発売に先駆けて、モニターを募集中ということなので、この記事をご覧になった方の中からモニターに応募して下さる奇特な方がおられると嬉しい(笑)。むろん押し付けがましいことは本意ではありません。だから「やんわりとお願い」させていただきます。モニターという以上、使用後のアンケートなどには回答しなくてはならないでしょう。適合犬種の問題もありますから、無理強いはできません。でも「〆切2/7まで。お早めに」と書かれています(笑)。


いずれにせよ、桜の咲くまでには、新商品として店頭でもお目にかかれるはずです。小雪丸パッケージ「●日本犬 白のチカラ」です。よろしくネっと(笑)。あまり営業フォローするのも気恥ずかしい。。。けれども小雪丸のこととなれば、完全親馬鹿モードになります。多少の恥なんて一時のものだと。




(イースター社のモニター募集ページで突然小ユキを発見!)


かようなわけで、小ユキの誕生日に、格好の話題を振り向けることが出来て、そのタイミングの良さに、イースター社さんには感謝に耐えません。小ユキの誕生日に新製品のベールが剥がされるという絶妙のタイミングで、最高のプレゼントでした。そう思えば今日から2月となるので、そのせいもあったのですね(笑)。以上ご報告方々の自己宣伝(笑)。本稿の終わりに、イースター社さんの公式HomePageのURLも以下に示しておきます。

●イースター株式会社
http://www.yeaster.co.jp/
●イースターTwitter公式アカウント
http://twitter.com/yeaster_JP


■更新による補足■2/2のTwitterより、イースター社からの公式発表を追記しておきます。

--------------------------
日本犬っていうブランド名ですが、すべてのわんちゃんにお勧めです!!!! 国産にこだわってます。

日本犬白のチカラ、6.5kgも完成〜♪3月1日発売!黒のチカラは2.5kgだけなのですが、白のチカラは2.5kgと6.5kgの2種類があるのです(ノ´∀`*)  http://bit.ly/exHDCC

成犬用総合栄養食「日本犬 白のチカラ、黒のチカラ」40名様モニター募集:犬のニュースリリース:dogoo.com http://t.co/fUoSLnI
--------------------------

白のチカラ2.5kg 白の成分“ヌクレオチド”でお腹と免疫力に配慮
黒のチカラ2.5kg 黒の成分“活性炭”でお腹とうんちのニオイに配慮


正式に3/1発売であることもアナウンスされました。
また小ユキの使われた「白のチカラ」には、標準2.5kgタイプのほかに、6.5kgの大袋もあるのだそうです。上のURLから飛ぶと大袋の写真が!(笑)


小ユキ9歳の誕生日にとって、何よりのプレゼントでした。この商品パッケージのような笑顔を、これからもユキ丸と共に元気で、いつまでも見せてくれますようにと、私も心から祈っています(笑)

 



▼別件:板橋の犬たちのこと


自らの親馬鹿情報の末尾に、一番深刻な話題を付記するのはどうかと思いながら、せっかくブログ更新をするのであるから、良くない話題についても触れておく必要があると思った。何より本件は、小雪丸パッケージ以上に、皆様の手によって拡散して頂きたい内容を含んでいる。詳細は全て以下のブログに日々、最新情報と共に更新中であるから、そちらも是非ご覧きたい。ここには、その抄録だけをお知らせしておくことにする。

●犬の幸せって??
http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/


先にここ数日、私がTwitterで繰返し流しているツイートの全文をお読みいただきたい。140文字制限の中に納めているので、最もコンパクトな必要情報のみをお伝えすることになる(文末#記号はTwitter独自の拡散用ハッシュタグと呼ばれるもの)。


拡散希望●東京板橋の不法ブリーダ摘発で生後半月の仔犬5頭(有色紀州+ビーグルのMIX)+親犬+紀州成犬6頭を保護中。里親と預りさんを急募。詳細は以下のブログに http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com #dog #inu #wanko #pet
posted at 16:33:04


上記には時々以下のようなサブ・ツイートを添えて流している。


今朝のブログには、保護された里親募集の仔犬たち♂3♀2の個別写真も掲載されています。ようやく目が見えてきたところらしい!可愛いです。是非一度、見てやってください! http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/
posted at 10:40:26




(生後半月の保護された仔犬たちと、その母犬ビーグル)


この事件の背景には、ブログだけからは読み取れない過去数年来にわたる「板橋の犬屋敷」と呼ばれた不許可の(自称)ブリーダによってもたらされた、紀州犬多頭殺害や度重なる違法繁殖との闘いの歴史を知っていただかなくてはならないだろう。本当は、貴重なお時間を割いてでも、以下のHomePageを是非ともご覧いただきたい。

●板橋の犬たちを助けて
http://itabashinoinutachi.web.fc2.com/index.html


その時間の無い方でも、冒頭のブログに飛び、ここ数日の記事だけでもお読み頂けると嬉しい。執行猶予中にも関わらず、またしても懲りずに不法繁殖に走り、しかも母犬に負担のかかる紀州牡とビーグル牝との交配をするなど、こうした違法行為の果てに、収監された男が残した仔犬たちと、数頭の紀州成犬の運命がいま問われている。


それでも仔犬たちは、里親さんに巡り合えるだろう。一番肝心なのは取り残され、保護された(あるいはこれから保護される)成犬たちの今後の命運についてだ。保護することにも多大な費用が発生し、しかも直接奔走されているのは、ほんの二三人の個人ボランティアの方々だという現実がある。




(保護された直後の仔犬たち、有色紀州牡とビーグルのMIX)


もし、ご自身は里親や一時預かりをすることが不可能でも、情報拡散その他の方法で、間接的に支援することは可能だと思う。私自身もそうした一人として、今後も拡散に協力していくつもりでいる。おそらく新しい「動物愛護法」改正元年となる2012年を目前にして、愛犬家の方(むろん愛猫家の方も)ひとり一人の良心が、いまこそ問われるときなのかもしれない。


むろんこうした出来事は、全国レベルで見れば、決して稀有な事件ではないことも充分わかっている。だからこそ、私たちは「まず身近なところから関与していくしか出来ない」のだと、ただそう考える自分自身がいる。せめてそのことを、この些細なブログからも発信して行きたいと、今はそう願うだけだ。

 

 



小雪丸稿 | 01:17 | - | trackbacks(0)
トラックバックURL :
トラックバック
COMMENTS
CALENDAR
<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
PROFILE
SEARCH BOX

kishudog on Twitter
Follow kishudog on Twitter
小雪丸の本棚