<< 先代紀州ユキの命日再び MAIN 被災地の動物たちをめぐって >>
久々の更新…震災諸説雑感


未曾有の震災から2ヶ月が経過した。その間いろいろと書きたいこともあったが、イザ書き出してしまうと発散して、収まりがつかなくなることも含めて懸念材料が多く、まだ定まらない今後の国策を気にしつつも、今日まで来てしまった。まだ本当の元気は出ないが、それでもそろそろ自分自身の総括は済ませて、今後への一里塚としたい。





前回のブログ更新は、ちょうど先代ユキの命日に記事を書いたのだから4/11…それがちょうど震災から1ヶ月のことだ。ともかく今後、何回かに分けて「震災以降のこと」を書き残しておくことにしよう。例えば以下のように…


/椋凖日のこと
⊃椋劼忙廚Δ海
H鏈卉呂瞭以のこと
た椋劼Twitterのこと
タ椋勸奮阿僚侏荵
Δ修隆屬硫罎家のこと


などについてである。順序は前後するかもしれない。また書きながら思うことも生じて来るはずであり、必ずしも上記の項目通りになるとは限らない。



,砲弔い討賄日どうやって帰宅したかについて回顧しておく。
△砲弔い討六廚Δ海箸多すぎて焦点を絞りきることが難しい。どうすべきだろうか?
については動物愛護団体の活動や被災地情報を振り返っておく。
い砲弔い討呂海譴眤心瑤謀呂襦2燭茲蠅發海2ヶ月間、Twitterだけは更新を続けてきたという背景もある。
イ砲弔い討枠超兇慮げ杏澆篝鬼歹住件にも新しい進展があった。そのことについても少し触れておきたい。
Δ砲弔い討肋雪丸や身内を含めた我が家の出来事…だろうか。





そして一番書きやすいのはい砲弔い討任△襦なぜなら多くのTweetの記録が私のTwilogに残されているから。ただし、この分野に関する思いは「他人との関わり」においても常に流動的なものだ。そうした部分に踏み込んでしまうと「是非論」「比較論」に終始し、何ら結論めいたことを書けない結果にもなる。

そこで極力「自分本位」に徹することで、いちおうの総括だけはしておくことにしたい。それを読まれてどう思われるかは「あまり考えない」ことにしておく。であるから、あるいはそれを読まれた方との「意識のギャップ」が、同意を得られないものとなるかもしれない…そう予めお断りしておく。それは「私自身の生き様」でもあるのだから…所詮、皆さんとは違うはずだ。



本日の記載はここまでとする。この記事は今後の更新に関わる「予告編」のようなものだ。そして何より、この週末も私にとっては普通の日常がある。そのことを少しだけ書き残して、この短い記事をアップしておくことにしたい。



ともかく、連休明けの1週間を終えて、ようやくまた週末を迎えることとなった。皆さんはこの1週間をどのように過ごされただろうか。私はこの1週間を「僅か3日の通勤」で過ごした。なぜなら私の連休は「12連休」という極めて長期に渡るもので…去る5/10(火)までが休日だった。

つまり私の通勤はまだ5/11〜13という3日間のみなのである。そのことは私のTwitterをご覧いただければわかる(笑)…それでも久々の通勤には、やはり多少は疲れた。だからこの週末もあまりガツガツしないで過ごすことにしたい。むろん今後の更新も緩やかなスパンで行う。決して無理はしない。



さて、今朝もゆっくりと近隣の城北公園を2時間ばかり歩いて来た。3日ほど続いた雨の後であるから久々の散歩日和で…挿入した写真は全て「今朝の小雪丸」である。

また、この2ヶ月間にそこそこ撮りためた記録は… 銑Δ竜事に沿って使用するつもりでいる。震災の話題とは直接関係しない挿画となるかもしれないが、それも致し方ない。

なぜなら私自身は被災地に赴いてはいない。被災地の惨状に心痛むことがあっても、少なくとも現実の私はボランティアではない…ただそれだけである。

 



閑話休題 | 11:45 | - | trackbacks(0)
トラックバックURL :
トラックバック
COMMENTS
CALENDAR
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
PROFILE
SEARCH BOX

kishudog on Twitter
Follow kishudog on Twitter
小雪丸の本棚