<< なぜか静かな公園 MAIN 映画「犬と猫と人間と」を観てきた >>
光が丘公園の朝(パート2)

 
(公園の池には鴨がいる。鴨!カモーン!と呼んでみたカモ)

ちょっと寒い」朝だったが、しばらくぶりに、車で光が丘公園まで足をのばしてみた。明日以降でもよかったのだが、天気予報によると、明日は崩れそうだというので、急遽行ってしまうことにした。

しばらくぶりなので、今朝もきっとテンションが上がろうと思っていたところ、意外に今朝は落ち着いており、特に小ユキは、どことなく「てれ〜ん」としている。グイグイ行こうとしているユキ丸を牽制するかのように、反対方向ばかりを要求するので困った。

いずれにせよ、今朝(いまとなっては昨日の朝だが)は結局、光が丘公園まで行きながら、メインとなる芝生の大広場(大広間ならわかるが大広場というのはちょっと変カモ)には一回も立ち寄らず、もっぱら周囲の裏道ばかりを迷走した。



(この日1枚目の写真、何の変哲もないトイレの入り口付近)

おまけに今朝は冷え込むので、トイレまでが近くなって困った。やむなく、バードサンクチュアリ裏手のWCに立ち寄り目的を果たす。その間、2頭を入口のフェンスにつないでいたこともあって、せっかくつないだチャンスだからと、この日1枚目の写真がトイレ脇とは不本意な話だ。さすがに建物までを背景に入れる気にはなれなかった。



(この日は写真背後の広場で「練馬農協物産展」が催されると言う)

ともかく今朝は、裏道や薄暗い林の中ばかりを「連れまわされ」(誰に?⇒ユキ丸に)、唯一開けた所といえば、光が丘団地側の遊歩道と「昆虫原っぱ」ぐらいのものだ。明るく広々とした芝生の上を、のんびり歩く姿を想像してきたのに、意に反して不本意な結果に終わった。そして中途半端に一周したところで、小ユキはもう「帰りますモード」で、自ら駐車場方向を主張し始める。



(昆虫原っぱの看板につなぐ。探したが今朝は一匹の昆虫もいない)


それならばと駐車場に戻って、ふと時刻を確認すると、来てからちょうど1時間と1分が経過していた。なんと運の悪い。。。この1分で、また次の30分のための100円が発生する。それならわざとゆっくりと、少し写真を撮ったり、車内の埃を払ったりしながら時間を潰すが、とうてい30分などかかるはずもなく、あきらめて、そのまま帰宅することにした。



(帰宅するため乗車した2頭、しかしこのあとユキ丸が吐くとは)


ところが、駐車場出口ゲートを通過する際、支払い機の返却口に落ちた貨幣を見ると、どうしたことか700円もある。つまり千円の釣銭なら600円のところが、どうしたことか100円多い。いったいこれはなぜなのか?不思議だったが、朝から良いことがあった、と思わず口元がほころんでしまう(ケチな話でスミマセン!)。

けれども、良いことがあった後は、一方で悪いことも起こる。走り出してから数分もしないうちに、後部座席でユキ丸が「グゥーグゥー」と唸り始める。そう、この日に限って「車酔い」。。。あるいはもともと吐きたかったまま、乗車させてしまったのかもしれないが、それならそうと、事前にちゃんと言ってくれな>ユキ丸。。。那須旅行や、今年夏の信州旅行だって、数百キロの移動でも吐かなくなっていただけに、わずか10分程度の移動で吐かれるとは誤算だった。

で、ちょうど、ガソリンもなくなってきていたので、スタンドに止めて給油の間に処置することに。まだ朝食前だから胃液しか出ていないが、ユキ丸は自分で吐いても、その上にはのりたくないから、小ユキを窓側に押し付けるような姿で2頭密着して座っていた。小ユキはむろん迷惑そうな顔をしている。

こうしてやっと家についたが、最後にもう一つガッカリすることに気付いた。光が丘の駐車場を出るとき支払った釣銭のことだ。それを助手席のシートに置いて走り出したところまでは間違いなかったが、ふっと見ると600円しか見当たらない。たぶんシートの隙間から後部座席に落ちたものだと思うが、覗き込んでも見当たらない。つまり結局、利用しただけの料金が発生したわけで、「神様は見ていたのかも」と、小ユキたちには愚痴ってみたものの、彼らはもう次の食餌のことしか考えていない。後日、車中のどこからか出てくることを信じている(笑)。

 



小雪丸稿 | 04:16 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする








トラックバックURL :
トラックバック
COMMENTS
CALENDAR
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
PROFILE
SEARCH BOX

kishudog on Twitter
Follow kishudog on Twitter
小雪丸の本棚